神戸市兵庫区で人気の革ジャン・ライダースをお探しの方は『TROJAN HORSE』へお越しください。おすすめです!!

concept-top

”数十年後のヴィンテージウエア”

現在、市場のレザージャケットは【ヴィンテージを模した物】、または【ファッションに特化するあまり、皮革らしさを無くした物】のどちらかで占められています。

ヴィンテージレザーは素晴らしいのですが、あくまで数十年前の価値観・技術で作られた物なので、現代の衣料事情に適合しているとは言い難い物です。

アパレルブランドのレザーは、その時代に適応したデザインをされ、技術もアップデートされています。正に現代の服なのですが、ワンシーズンで買い換える事を前提に作られるので、レザーの長所である『耐久性』と『風合いが変化する楽しさ』が考慮されていません。

この相反する二つの要素を両立させるのがTRORSE LEATHER GARMENTSです。

皮革には、耐久性があると同時に重く硬いという特性もあります。
現在ヴィンテージと呼ばれている物がリアルだった時代には排除できなかったこのネガティブな要素は、現代の鞣し技術で解消する事が可能です。

私たちは革を軽く、柔らかく鞣し、しかし耐久性を保持すると共に経年変化する皮革の特性は残しています。
パターンはモータースポーツなどの用途に特化せず、日常着としての着心地を重視して設計し、流行に左右されないクラシックなデザインに落とし込みます。
そして全ての資材・工程を100%純粋なメイドインジャパンで仕上げます。

こうして現代の価値観に沿いながら、長年の愛用に耐え、味わいの増していくオリジナルのレザージャケットが完成します。

TRORSEは数十年前のレザージャケットを模倣し、追従するのではなく、数十年後に模倣され、追従される現代のレザージャケットを製作しています。

Leather

concept_b-image

TRORSE LEATHER GARMENTSのレザーは主に日本皮革三大産地の一つである姫路産のレザーです。

レザーに付き纏う『重い』『硬い』というネガティブな要素を可能な限り排除したレザーをゼロからオリジナルで発注し、契約タンナーで製作します。

使用する革にビニールのように無機質な質感の物は存在しません。
風合いは着続ければ変化し、馴染む程にオーナーの身体を記憶する、皮革素材本来の特性に重点を置いています。
着色には顔料ではなく染料を用い、余計な加工は施さず革の表情を極力隠さないように仕上げられています。

それは元が生物であった事が分かる、革という物が何なのかが感じる事ができるという事であり、塗装を厚塗りして傷隠しをしなくとも使用に堪えうる革、という事でもあります。

またネイビーやカーキ、ホワイト等、従来のレザーにないカラーレザーや、風合いを損なわないものであれば新技術も積極的に取り入れ、常に染色・風合い・着用感のアップデートを続けています。

concept_b-image

KIP

革素材としては突出した生産量を誇る、世界中で1番親しまれている牛革。
その中でも仔牛と成牛の中間にあたり、きめ細かさと耐久性を併せ持ったキップ牛革をやや薄く漉き、軽さ・柔らかさ重視で仕上げています。
フラット過ぎる革は表情に欠ける為、適度なシボ感を出していますが、過剰な加工は行わず皮革そのものの自然な風合いを残す仕上げを行っています。

concept_b-image

GOAT

軽さと耐久性という、相反する特性を併せ持った革。
その繊維構造により牛革以上の引裂き強度を有しながら、遥かに軽量・柔軟で、衣料革にとても適した素材です。
同じく軽量で柔軟な素材である鹿革と比較して、適度な張りがある為シャープさを表現できる素材でもあります。
キップと同じく最低限の仕上げのみで、自然な経年変化を見せます。

concept_b-image

DEER

革素材の中では突出した柔軟性を誇る革。
光沢が控えめの落ち着いた質感と独特の柔らかい雰囲気が特徴の、日本では他の革と比べ遥か昔より活用されている馴染み深い素材でもあります。
強度にも色々な種類がありますが、静的な耐久年数で言えば、これも鹿革が突出して優れていると言えます。
皮革は重く硬く、一部のマニア向けの素材であるというイメージを払拭する、他の素材では成し得ない着心地を体感する事ができます。

concept_b-image

HORSE

馬革はとても頑丈で硬く、身体に馴染むのに非常に時間がかかる物だとイメージされている事が多い素材ですが、TRORSEの提案する馬革は着心地の良さに特化した薄く柔らかい物です。
また馬革特有の光沢感を有し、しなやかで、他素材には無い高級感が特徴でもあります。
厚みがあると表現できないドレープ感も出せる為、主にシャツ系の製品に使用します。

Zippers

concept_b-image

WALDESファスナーの復刻に定評のある三重県・朝日ファスナー社。
ヴィンテージファスナーを研究・復刻すると共に、新しいファスナーの形を模索し続けている挑戦的な会社です。旧い物の造形美を尊重しながらも、それに囚われていない所がTRORSEの方向性と合致しています。
メイドインジャパン品質もさることながら、極僅かな人間しか意識しないであろうその開閉音は、高性能である事に特化し、スムーズに開閉する事以外を切り捨てたファスナーには無い独特の雰囲気を持っています。

Lining cloth

concept_b-image

大阪の生地メーカーに発注した国産の生地。
一般的にはキュプラが用いられる事の多い裏地ですが、他に代替品のないその質感と発色でポリエステル100%生地を使用しています。
染色堅牢度、引裂強度など、10項目以上に及ぶ品質基準が専用のテスト機関で性能評価された、神経質な程のメイドインジャパン品質です。
また静電気を抑制する加工が施されたハイテク生地でもあります。

Buttons

concept_b-image

ジャンパーホックを除く釦類は、レザーカラーやモデル別に雰囲気の合ったアンティークパーツを使用しています。その時々で色や形、素材も国籍も様々になりますが、TRORSEの提案するデザインコンセプトに適合する物を選別しています。
また永い時を超えてきた物だけに、使用に耐えうる信頼性も最低限必要な要素です。
その2つの基準をクリアーしたアンティーク釦は、これまで経てきたのと同等以上の時を共に過ごす事を暗示させると共に、これからヴィンテージになっていくレザージャケットと同化し、その魅力を引き立てています。

Made in JAPAN

concept_b-image

メイドインジャパンとは?

勿論日本国内で生産されていれば、それはメイドインジャパンと言われます。
では場所は日本ですが、現場で実際に作業しているのが日本人ではない場合はどうでしょうか。

残念な事ですが、日本人の手によらないメイドインジャパンは珍しい事ではありません。
『Made in Japan』表記のタグを縫いつけただけの完全な海外生産品さえあります。

TRORSE LEATHER GARMENTSでは、縫製職人、全てのパーツ、パターンに至るまで100%日本人の手によるメイドインジャパン製品である事を保証しています。